奇跡は必然②

【奇跡は必然

冬至。
朝から意識広げるワークして脳内回路ケアをして過ごしました。

611日投稿のその後、
再び嬉しい知らせ。

昨年12月に父に癌が発見されて、イーマサウンドセラピーを対面から遠隔と続け、6月の治療や手術を決める検査で癌が小さくなっていて、手術/治療なしで経過観察になった半年後の検査結果が先日分かりました。
治療なしで経過観察になり、緊急事態宣言も緩和したので、対面でイーマサウンドセラピーを続けようと伝えたら、対面は断られました()
なので、遠隔イーマサウンドセラピーを2週に1度続けていました。

その結果は、
癌のあった場所は一筋の痕跡らしきものが写っていて、主治医は「もはやこれは癌ではない!こんな事は初めてです」と(^^)
ただ、完治は分からないと…(西洋医療はそうなるよね)よく見てもわからない位らいなのですが1カ所気になる点(西洋医療の先生には分かるのは凄い)があるとのことで(あ~また創り出しおって~私の声())、3カ月後に経過を見ましょう。と言うことです。「もはやこれは癌ではない」

父も驚きましたし。
私は予想してましたが嬉しい驚き✨

父は若い頃の古傷が膝にあるのですが、最近あまり痛まなくなってきていると言っていました。全体的にバランスがとれていってるようです。

何故2週に1度のペースをしていたかと言うと、薬を飲んでいる細胞は音を受け入れにくくなっている事、病気は自身の感情と関係しているので、病気を創り出す自身の感情/感覚/思考に意識的になる事も大切なのですが、病気の仕組みの理解には至っていない事、セルフケアで日々音を聞かせていない事(自宅でケアする音のサプリ的なものがあるのですw)
等々の状況からそうしました。

全ては周波数。
イーマサウンドセラピーは音で共振共鳴していくので、本来の働きへと振る舞い始め、自然治癒力や運氣が好転していっちゃうのです🎵

どうあれ悦ばしい結果です。
親孝行の機会に、これからも遠隔で続けていきます。

 

 

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。